MISHOPスタディツアーの会・概要:国立クアラルンプール大学・サバ大学訪問(2005.3.20)


by aisatsu05
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
民際交流・小さな支援・国際理解

MISHOPスタディツアーの会15年の歩み

▼組織
 私共スタディツアーの会は三鷹国際交流協会の会員有志によって構成され、それぞれの興味と関心に基づき、訪問国について学びながらスタディツアーを計画・実施する自主グループです。

▼目的
 スタディツアーではホームステイ、文化交流活動などを通じて直接、訪問国の市民とふれあい、民際友好交流を進めると共に、事前に訪問国の歴史、文化、政治・経済等、幅広い知識を得る努力をします。そのため研究会・企画会議を行っています。こうした活動を通じ、地域社会を越えたグローバルな視野と相互理解が得られることを期待しています。

▼経緯
 1995年のタイから始まり、1996ベトナム、1997ネパール、1998フィリピン、1999ラオス、2000カンボジア、2001中止、2002 ウズベキスタン、2003バングラディッシュ、2004インドネシア、2005インド、2006マレーシア、を経て2007年は初めて2回目のインド訪問となりました。このように毎年、アジア地域を対象としてスタディツアーを計画して参りましたが、2001年度については9.11事件のため中止を余儀なくされました。

*2008年度はインドネシアのスマトラ&ニアス島スタディツアーを実施しました(2009年3月3日〜3月19日)。

2009年度はインドです。実施は2010年3月8日〜23日(基本スケジュール)の予定です。

▼主な活動
 1ヶ月に1、2回の研究会、企画会議を重ね、スタディツアーを実施し、帰国後、報告会、報告書の作成が主な活動です。また、バザーや広報活動を通じて、留学生の支援活動、被災地への救援活動などを行っています。 


.........................................................................................................
   (財)三鷹国際交流協会:自主グループ/MISHOPスタディツアーの会

スマトラ&二アス島スタディツアーは無事終了しました
スマトラ&ニアススタディツアー報告会


ページ先頭へ
MISHOPスタディツアーの会TOPへ
[PR]
# by aisatsu05 | 2006-03-19 12:20